もっと昔の『山崎大カーブ』

先の記事でも触れましたが、昔から「山崎の大カーブ」は「一度は行ってみたい」有名撮影地でした。
それは私40代の世代はもちろん今は50代~60代の先輩諸氏でも同様だったと思います。
 
で、古いアルバムから1981年に初めて山崎大カーブへ行った時の写真が出てきましたので、披露します。
何せ高校生の頃ですので、大幅に傾いているのはご容赦・・・(^_^;)
 
 
 
「なは」の向日町への回送。この頃は583系でした。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
485系雷鳥のボンネット。絵なしマーク時代、一部は英語のつづりが違うのもあったとか・・・。これはマトモです。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
485系300番台の「白鳥」。確か当時大阪~青森の昼行最長特急列車だったかな・・・。
もちろん食堂車もついています。もっとも、この頃は「しらさぎ」でもついていたかも?

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、583系雷鳥。間合い運用で普通に使われていました。ただ、向かい合わせシートで不満は出なかったのかな??

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この頃は背景は森でした。あの目立つマンションは建築前です。
 
 
紙焼き写真をスキャンしていますが、今回古すぎていまいちスキャンが上手に出来ませんでした(m_m)
 
以上1981年頃撮影。
 

コメント

TOBBY

No title
おはようございます。
「山崎のカープ」といえば、このシーンですよね。
あのマンションができた映像を見たときは、愕然としました。
素敵な列車も走る、この時代。戻れるものなら…。

2枚目は、同じ場所で振り返ると撮れるのでしょうか?
良い時代に撮影されていますね。

おざよう

No title
TOBBYさん、コメントありがとうございます。

この場所はそれこそ大昔蒸気機関車が走っていた頃から諸先輩氏の作品に出てきますね~。

マンションが出来たことは逆に全く知りませんでした。改めて見るととても目立つマンションですね・・・。

ちなみに2枚目はそのまま振り返って撮影した下り列車です。晴れると逆光ですが・・・。

TOBBY

No title
こんばんは。

両方撮れるとは、本当によい場所だったのですね
(過去形がさみしいですが…)

蒸気時代の写真といえば、明らかに線路間に立って撮ったというシーンもありましたね。許された時代なのですね。
(許されてはいない?)
教えてくださり、ありがとうございました。
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ