芸は身を滅ぼす???


ちょっと会社から・・・(^^;;

私の会社の一部で広まっている教訓じみた言葉があります。っていうのは

「芸は身を滅ぼす(^^;;;;」

です。お判りかと思いますが、元々の言葉は「芸は身を助く」です。
※参考URL http://www.sanabo.com/kotowaza/arc/2004/06/post_88.html 
つまり、

「一つでも秀でた技芸があると、却っていろいろな仕事を頼まれ、忙しくなって自滅する」

っていう意味です。

私もなまじ会社で「あいつは写真をやっている」とヘンに有名になったら、いろいろな雑用が増えること!結婚式の写真とかならまだしも、この前なんぞ「某団体に提出する履歴書に貼る証明写真撮ってくれ!」なんて・・・(さすがに自動撮影機に行きなさい!と言いましたが)。

で、今回は会社の上司命令で岐阜公園の前に新しく完成した門と「若き日の信長像」を撮ることになりました。何でもウチの会社のではないパンフレットに使うとかで、プロに頼むと40,000円?ほどかかるので私に撮らせることになったそうです。私の上司が安請け合いしてきたらしい・・・。

今日、岐阜公園前に行って撮ってきました。
条件は縦アングルなので、門を入れるのはやめて、信長像を思いっきり切り取り、329mの高さにある岐阜城と重ねてみました。

どの写真がパンフレットに採用されるか判りませんが、とりあえずこんなかんじで・・・。

※一部文章を修正しました。

コメント

ロジャー

No title
こんにちは

30歳にもなる男ですが、かっこいいですね!
写真もそうですが、誰かから頼られるってかっこいいです。

会社でそういう風に頼られたことなんて、僕にはなくて、存在意義を感じています。

だからかっこいいって思います。

自分の撮った写真がパンフレットに乗るなんて、一般の人が頼んでもできないですよ!凄いです

おざよう

No title
>> ロジャーさん
お褒め頂きありがとうございます。
最近でこそ減りましたが、以前は従業員の婚礼っていうとカメラマンで大変でした。休みはつぶれるし、実費しか請求しないので祝儀でももらえない限りは赤字です。
鉄道雑誌に原稿は載った時はうれしかったですね~。

上記写真は某組織団体のパンフに使ってもらいましたが、今では廃盤です(~_~;)
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ