旧型国電廃車回送&ブルトレ回送

今ネタが枯渇したので、過去ネタに戻ります。
 
 
飯田線の旧型国電は夏季にさよなら運転を終え、後は廃車回送を待つのみとなりました。
 
前にも書きましたが、飯田線の旧型国電は日車豊川と大船工場で主に解体されていたので、疎開先から随時廃車回送されてきました。
西浜松からの廃車回送は自力で豊橋を通り過ぎ、西小坂井まで走り、折り返して豊橋に戻り、そこから飯田線で豊川へ、日車豊川専用線も自力で走り、日車の出場門近くでパンタを下ろし、解体場で待機していた日車のDLで解体場に押し込まれるというパターンでした。
 
 
今回紹介するのは1983年8月9日の廃車回送です。

船町駅ホームから撮影した西小坂井行き廃車回送列車。
 
この日の編成は山屋敷さん提供の情報によると
 
クハ68404
クモハ53001
クモハ61004
クハユニ56004
クハ68406
クモハ61003
 
だったそうです。
 

西小坂井で折り返してきた回送列車。先頭のクモハ61003は幌がついてますね~。
 
 
 
続いて別の話題。
 
 
近年は情報化社会ですので、いわゆる「ネタ列車」はメールなどで瞬く間に広がり、多くのファンが群れをなします。しかし、この1980年代は事前情報をキャッチしても、せいぜい電話で広がる程度で、たかがしれていました。
 
まして、沿線で特に目的もなく撮影していて、偶然「ネタ列車」が撮れた時の感動はスゴイものがありました。
岐阜~岐阜貨物駅にて撮影。

この列車、事前情報はありませんでした。たまたま沿線で撮影しているとEF65PFが牽いた長編成の列車が接近。「あれ?団体列車かな??」と撮影してみると「おぉ~!ブルトレだ~~!!」って。
 
 

後ろも撮影。「あ~~!富士だぁ~~~!!!」って。
 
岐阜では明るい所では絶対撮れない「富士」でしたから、えらく感動しました(^◇^;)
 
で、感動の余韻に浸っていると、すぐにまた踏切が鳴る。下り列車が来る。何が来るのか?って見ると・・・。

「またブルトレだぁ~~!!」今度は14系寝台車・・・何だこれは!
 
 
 

「おぉ~~!出雲だぁ~~!!!」
これも岐阜を真夜中に通過する列車でしたから日中に見られて感動しました。
 
 
この二列車の運行理由は今では判りません。まあ、8月の事ですから、台風か大雨でもあって区間運休が発生して、その回送列車だと思われます。昔から、こういった回送列車を数回目撃していますが、不思議な事になぜか二列車が続行で運転されるケースが多いんですよね~~。
 
 
1983年8月撮影。
 
鉄道コムへ。時間の許す方はポチをお願いします。

コメント

tom

No title
こんにちは
詳細には把握していないのですが、先頭は小生の記憶が確かなら68004ではなくて68404ではないでしょうか?68004というのはいなかったような・・・。

nagara2033556kinka

No title
ヘッドマークが無いですね。
このまま所定の終着駅まで行ったのでしょうかねぇ?
突然試運転、ムドくらいはよくありましたが、突然ブルトレは遭遇しませんでした。

おざよう

No title
>>tomさん
さすがです。
自分なりに調べてみて「確かにそうだ・・・」と思い、帰宅してアルバムを見ると単純なミスタイプでした。訂正しておきます。
68004が68404に改造されたとか・・・???

おざよう

No title
>>つぼさん
この類のブルトレ回送は複数回偶然見ていますが、ヘッドマークが付いていた事の方が珍しいです(4/5年前に清洲で、遅れて回送扱いになったブルトレを撮りましたが、そのときはマーク付きでした)。

この回送が下り運休による車両回し回送なら終着駅まで行ったでしょうが、始発駅変更(線路障害等でブルトレが名古屋発や大阪発になった事あり)による回送なら途中駅まででしょうね。
今となっては判りません・・・(・_・、)

クハ381

No title
私は、米原駅の西側で、381系を撮影しました
米原駅西側は、沢山381系を撮影してました

おざよう

No title
>>クハ381さん
いわゆる米原(操)ですね。
目隠し貨物列車がいなくて良かったですね。

中京

No title
おざようさん、こんにちは。
私も「あさかぜ」「はやぶさ」で見たことがあります。確かにほとんどヘッドマークが付いていませんでした。確かに、どこまで回送されていたんでしょうね。

おざよう

No title
>>中京さん
こういった回送列車ってホント偶然見たのですよね~。
不思議な感じでした。しかも二列車が続行スジで運転されてたんですから・・・。
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ