新鶴見機関区の放置車両

2007年9月に出張で東京に行く機会を得ました。
内緒でカメラ持参(;^_^A アセアセ…
 
空き時間で新鶴見機関区へ行ってみました。何のことはない「ここへ行けば多種多様の機関車が見られるだろう」ってのが動機で・・。
 
でもそれだけではないのです。以前夕方にここへ撮影に来た時、構内にボロボロのDEが居たのを見つけ「放置車フェチ?」の私としてはどうしても撮りたかったのですが、すさまじい夕立に遭遇。真っ暗になり撮れずに帰った覚えがあったからそのリベンジで・・・。
 
 
今回日中で晴れ。目標のDE11はすぐ見つかりました。見るも無惨な姿。後日調べると若番のDE11-2だそうです。
しかもその隣にはラッセルヘッドを装備したDE15-1が・・・(これも後日調査)。
 
 

こんなかんじで2両放置されていました。
 
 
 

見るも無惨な状態でした。車番なんぞ判るわけない!
フェンス越しの撮影なので、多少白っぽいのはご容赦!
 
 
 

DE11よりはましですが、こちらも・・・です。
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 この2両の機関車は公道(陸橋)から出ている階段のすぐ下にあり、階段を下りると形式写真が撮れたのですが、一応JR敷地内なので下りませんでした。この写真は陸橋の踊り場から無理矢理撮影したもの。
 
 
 

DE11でもこんな新しいグループ(っていってもかなり経ってますが・・)もいました。
 
 

こんな新鋭機(当時)もついで撮影。
 
 
 
なお、このDE11-2とDE15-1は保存対象で運ばれてきたらしいですが、近年解体されてしまったらしいです。
 
2007年9月4日撮影。
 
 
 
 

コメント

非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ