客車急行「ちくま」最終日

今までに掲示板等に貼った写真です。ご容赦下さい。
 
 
 
 
間違えて前日に行ってしまったので、やっぱ当日も行かねば・・・と出撃!
 
到着40分前にはホームに入りました・・・。
 
し・・しかし、前日とは雰囲気が全く違う(O.O;)(o。o;)
同業者の数、既に100人以上!!!!
三脚をどうやっても立てる場所がありません(×_×)
 
泣く泣く編成撮影は諦め、機関車を写る側面撮影の場所を広角レンズで・・・。
それでも三脚はまともに立てられず、最も低い位置での撮影でした。
 
 
 
そして最終客車「ちくま」はやって来ました。

激パの原因はこれでした。
同じ田端区EF65-1000でも普段はこの運用に入れない「レインボー釜」1019号機を『やらせ運用』で投入していたのです。しかも・・・・
 
 
 

名古屋からの牽引は篠ノ井EF64ではなく、JR東海のユーロ釜EF64-35!
EF65-1019レインボーとEF64-35ユーロ釜が並ぶとあれば、そりゃ激パしますわね~~。
早く来れば、この二機が並んだ編成写真が撮れたのですが、私の撮り位置ではこれが精一杯・・・(T.T)
 
EF64の最終運用はこのまま「ちくま」を牽引した後、客車の返却回送運用を牽引して戻ってくるコースだったので、JR貨物への委託は止めて、自前のEF64で牽引したのかもしれません。
確か翌日日中に走ったと雑誌記事で見た記憶があります。
 
 
 
 
停車時間があるので、しばらくすると同業者の数はかなり減ってきました。
それでもベストポジションは三脚の林・・・。
低アングルならなんとか編成写真が撮れそうだったので、一応記録撮影。
 
空いてきても、こんなにホーム路面が写り込むアングルしか確保出来ませんでした・・・。
 
 
いまや「ちくま」自体なくなってしまったようですね・・・。
ましてEF65-1019もEF64-35も現存しません・・・。
時が経つのは早いものです・・・。
 
1997-9-29 名古屋駅

コメント

TOBBY

No title
こんばんは。
ちくまが無くなって、もう13年ということでしょうか?
ちょっと前かと思うと、十年以上前……年をとるわけです(笑)

97年といえば碓氷峠の年で、北海道から最後の力走を見届けに来ました。ちくまの終わりを知っていたら、無理矢理乗ったかもしれませんが、知らなかったのでしょう。

最終日に、こうしたサプライズがあったのですね。
レインボー機に1019というのがあったのを知りませんでした。
90年代、東海さんはいろいろと楽しませてくれて、いいなぁ~と思っていました。これも本当にすごいと思います。

おざよう

No title
TOBBYさん、コメントありがとうございます。

正確には「客車列車のちくまがなくなって13年」ですね。
ちくまはこの後383系で運用され、その後臨時列車に降格、381系で2005年まで運行されました。

そういえば、1997年は碓氷峠最後の年でしたね。私も夏に碓氷峠2回目の訪問をしています。

このサプライズはよく判りません(^_^;
わざとなのか偶然なのか・・・。現地にいた同業者が「1019号機は普段この運用には入らないのを、最終日だからわざと入れた」と会話していた事だけが根拠ですから・・・。

レインボー機は1019号機が最初です。その後1118号機が増備されました。今や1118号機は残っても、肝心のレインボーが無くなってしまいましたが・・・。1019号機は明かり取窓が1019の白ペンキで塗られていないのが特徴でした。

としちゃん

No title
この列車に乗車していました。
名古屋駅のホームが罵声大会になっていたのをはっきり覚えています。

おざよう

No title
> としちゃんさん
あれ?そうでした??
確かに半端じゃない人出でしたが、乱入者はおらず罵声大会にはなっていなかったと記憶していますけど・・・。
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ