下関集中配置時代のEF58(7)

まだまだ続きます。
 

 旧米原区の118号機。原型小窓・原型ワイパーの美形機?でした。
 
 
 

 旧浜松区の94号機。・・・・イマイチ記憶に残っていないカマです。
 
 
 

 旧米原区の白Hゴム機77号機。
この頃、旧型客車は北陸線等で健在で荷物列車カマ次位に連結した入場回送をしばしば見る事がありました。
 
 
 

 旧浜松区の158号機。典型的な浜松スタイル?ですね。
 
 
 

 同じく158号機。この列車もカマ次位に入場回送の旧客が連結されています。
 
 
 

 旧宮原区の101号機。138号機などと同様ブタ鼻改造された不人気カマでした。原型小窓だったんですが・・・。
 
 
 
鉄道コムへ。左の文字を軽くポチしてからお帰りをよろしくお願いします!!

コメント

料理道場

No title
こんばんは。
末期のEF58は元米機も浜機と同じように汚れてかわいそうに
見えるのは、私だけでしょうか?

おざよう

No title
>>料理道場さん
実際そうだったと思います。何せハードな運用でしたし、米原区にそんなに戻る事もなく、疲れていったはずです。逆に運用終了後の方が米原区でキレイにされていました。

めだか帝国鉄道

No title
こんばんは

ゴハチと言えばSG安全弁から吹き上がる蒸気が特徴のひとつですが 77号機・118号機のSG安全弁は米原形であることがよく判る貴重な写真ですね

お召予備機に指定された77号機は それはそれは綺麗でまるで別形式に見えました
それ以来 77号機が好きになり 運用最終日には下関まで追いかけてしまいました…(汗

おざよう

No title
>>めだか帝国鉄道さん
さすがゴハチに関しての意匠はお詳しいですね。SG安全弁の形態までは知らなかったです。確かに77・118の安全弁は他機と違っていますね。
これらの撮影場所は当時の実家から近かった岐阜ガス(現:東邦ガス)の2階建て駐車場からの撮影で、屋根上が写るのでお気に入りの場所でした。なお、現存しませんし、線路は高架化されています。
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ