【新幹線】Dr.Yellow T3編成

300Xの記事でも触れましたが、私が新幹線特殊車両の撮影を始めたのは2002年頃。既にJR東海のDr.Yellow T2編成は引退した後でした。
で、同じ0系顔のT3編成を写してみたい!ってことになりました。
 
撮影するチャンスは大別して3回ありました。
(1)T2編成が引退した後、T4がデビューする前までのT3による「ひかり検測」
(2)もともとT3が主に行ってきた待避線検測である年4回の「こだま検測」
(3)T3は品川常駐でしたが、JR西日本の編成なので、定期検査の時は博多に回送されます。その「検査回送」
 
Dr.Yellowによる「ひかり検測」は昔日中に行っていましたが、他の新幹線車両の高速化に伴い夜間に行われていました。ほとんどの駅を夜間通過する「ひかり検測」はまず撮影不可能でした。まして運行日はトップシークレットでしたし・・・。
ある日、名古屋駅に「ひかり検測」を撮影に行った事があります。しかし、その日はT4編成が検測デビューの日で、自前の俊足性能は封印して0系の鈍足ペースで検測したそうです。
 
 
初めてT3編成を撮影したのは交番検査入場に伴う回送。しかし、ブレブレの失敗作になってしまいました。
 
まともに撮影出来たのはその次でした。

年4回の「こだま検測」の岐阜羽島停車中の様子です。こだま検測も交番検査回送も時間的には似ていましたが、架線照明の点灯が違います。2002-6-20
 
 
 

岐阜羽島駅は駅構造上、前からのバルブ撮影は困難です。有効長が少ないのと、照明の明るさの差は激しすぎるからです。ですので、停車中の撮影はどうしても後ろになってしまいます。後ろはどうしてもテールランプで真っ赤かの写真になってしまいました。2002-9-12
 
 
 
 

岐阜羽島駅以外で撮れるのは名古屋駅・・・。でも、冬季の名古屋駅は除雪作業スペースがあるため足回りが写りません。2002-11-19
 
 
 

で、この日はワンパターンのアングル。岐阜羽島はこんなかんじしか撮れないですし。2003-3-10
 
 
 

安全柵が邪魔ですが、この時季なら足回りは隠せずに撮りました。2002-6-20名古屋駅
 
 
 
 

この頃から検査回送は日曜日の朝が多くなってきました。2004-9-5 岐阜羽島
 
今回はここまで。
 

コメント

-

No title
私は新幹線には全く詳しくないんですが
イエローにも歴史があるのですね?
それにしても第三セクから新幹線まで幅広く活動されてますね!

おざよう

No title
moguさん、毎度です。
「Dr.Yellow」と称されるものはいくつかありますが、有名なのは
T2編成(1974年製)=0系16次車ベースのため大窓→JR東海
T3編成(1979年製)=0系27次車ベースのため小窓→JR西日本
T4編成(2000年製)=700系ベース:JR東海
T5編成(2005年製)=700系ベース:JR西日本
があります。
他にも東海道新幹線開通前に鴨宮試験線を走った試作編成を改造した941型(2連→救援車に再改造)、T1編成(4連)も黄色でした。
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ