1982年11月14日浜松基地航空祭





私が航空自衛隊の飛行機の写真を撮り始めたのは高校生の1982年頃からで、航空祭デビューは同年の岐阜基地航空祭でした(ですので、F86Fブルーは見ていません)。この年はT2ブルーインパルスのデビューイヤーで当然岐阜基地にもブルーはやって来ましたが、名古屋空港との空域の関係・悪天候の影響もあって、ブルーは航過飛行をしたのみでした。

「フルアクロをするブルーを見たい!」っていう思いは強くなる一方。
折しも大学受験の年。遠征は不可能・・・。でも、11月13日・14日に両親が高山に出掛けるという事を知り、「よっしゃ~!内緒で浜松行くぞ!」と決心。

当日は快晴!フルアクロには全く問題ありません。
未だに理由がわかりませんが、岐阜基地では装備されていなかったダミーのサイドワインダーが浜松ではT2ブルーに装備されていました。
(編隊を組む目標物にしたらしいですが、あの事故後は一度も装備されていません)

アクロ演技は素晴らしかったです。感動しました(今より高度も低かったですし)。

そして、あの悲劇が・・・。演技科目は「下向き空中開花」。6機でデルタ隊形を組みスモークを引きながらループを打つ。ループの頂点で編隊長の「Break Ready」のコールがあり、編隊が地面に対し垂直になった状態の時「Now!」のコールと同時に編隊は6方向に解散するという科目です。こ科目の場合、4番機は「Now!」のコールと同時に180度ロールを打って更に機体を引き起こすという操作が求められます。

事故調査によると、ループの頂点そのものが通常より低かった・編隊長の「Now!」のコールが3秒遅れた・遅れたため編隊は地面に対し、やや引き起こされた状態になっており、反対向きに飛ぶ4番機の引き起こしには更なる負担になった、そうです。

結果、高嶋一尉が乗務する4番機はあと0.7秒早かったら間に合ったであろうという状態までは引き起こされたものの、地面に衝突。殉職されました。また、飛び散った部品で多くの方がケガを負われました。

私はブレイクの瞬間を撮影後、自分の頭上を飛ぶ1番機を追って、後ろを振り向いていました。しかし、前方の撮影者から「落ちた~~!!」という叫び声を聞いて前を見ると、赤い炎と真っ黒な煙・・・。
何が起こったのか判りませんでした。ただ、足がガタガタと震えていたのはよく覚えています。
そして、近くに展示していた救難隊のV107ヘリに隊員が「どいて~~!」と叫び声を上げながら走ってきて、あっという間に離陸していきました・・・。

事故発生と同時に航空祭は中止に・・・。
帰ることとなりました。

【写真】
1枚目:離陸準備中のT2ブルー。右側が殉職された高嶋一尉が乗務した#174番機。
2枚目:ダイヤモンド隊形。後ろで白いスモークを引いているのが4番機#174。
3枚目:下向き空中開花に向かうデルタ隊形。
4枚目:下向き空中開花のブレイクの瞬間。下にやや下がっているのが4番機。

飛行機の記事の最初にしては少々重いですが、こういった写真は人の画像板には貼れませんので・・・。

コメント

tek*en*eo

No title
こんにちは、tekkenです。ブログ開設おめでとうございます。T2は狭山、 F-86Fは東京オリンピックで五輪を描いているところも見ました。(フル杉)T2もそろそろ引退でしょうか?

おざよう

No title
コメントありがとうございます。

で・・・狭山でT2?東京五輪のF86F??スゴすぎます~~!!
本でしか知らない世界をtekkenさんは見てたのですか!

ちなみにT2は結構前に引退してます。松島の練習機としては2003年3月で終了。岐阜のFST2改が最終機で引退が2006年3月です。
2008年の岐阜航空祭の時、反対側で解体されているT2らしきものが見え、無理矢理写真を撮って、PCで拡大したらFST2改の#106でした。#107も解体されたと思い込んでいたら、今年(2009年)の航空祭の操縦席見学機として南側に展示されていました。

トヨク

No title
鉄道沿線ならいざ知らず、自衛隊の基地でもニアミス・・・

おざようさんは、6番機あたりの前にいたのですね。
私は1・2番機の前あたりにいました。
ブルーが浜松に帰ってくるとあって友人達と喜び勇んで出掛けたのですが・・・
衝撃は大きく、この後飛行機撮影をかなりの期間止めてしまったほどでした。

ちなみにこの事故で演技が途中で中止となり、着陸のためエシュロン隊形で基地上空に戻ってきた時、4番機のポジションを空けて編隊を組んでいたと記憶しているのですが、おざようさんは覚えておられませんか?

おざよう

No title
>>トヨクさん
思わぬ場所でニアミスしてますね~。

帰投シーンですが、ネガを見てみました。
エシュロン隊形で進入してきたのは記憶しています。ただ、4番機のポジションは空いてなかった気がします。ネガを見ると、エシュロン隊形の1番機がブレイクした場面が写っていましたが、それ以降の4機は通常のエシュロンに見えます。

ただ、全機着陸した後の4番機の場所がポカ~ンと空いていたのには、かなりショックを受けました。

ネットの時代になって、あの当時見に行けなかった事故現場の写真が細かく見られるのが恐ろしいです。工場壁に突き刺さった垂直尾翼など・・・。

トヨク

No title
おざようさん、こんばんは。

>それ以降の4機は通常のエシュロンに見えます。

わざわざ捜していただいて恐縮です。
そうですか・・・
着陸後の出来事と混同してたのかな?

おざよう

No title
>>トヨクさん
事故の後、ホールドしていたらしく、なかなか戻ってこない光景にあせった事を覚えています。
でも、私はローリングコンバットピッチで着陸すると思っていて「あれ?」と思ったのも確かです(~_~;)
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ