1984年米原機関区撮影会(1)

ネタに困ったら撮影会ネタで・・・
 
米原機関区のゴハチ撮影会はあまりにも有名で多くの方がUPされており、私も画像掲示板に何度もUPしているので、ブログで紹介するのは躊躇していました。
 
まあ多くの方が紹介するってことは、それだけ印象に残った撮影会ってことで・・・。
 
見たことある写真ばかりになりますが、ご了承下さい。
 
 
米原機関区では1984年8月、1985年5月と大がかりな撮影会を実施しました。ちょうど1984年春に荷物列車からEF58が引退して、休車留置されていたEF58を国鉄末期のイベントに使ったわけです。
 
ただ、今回この記事を書くのに調べたら1985年8月にも撮影会を実施したらしいです。しかし、その時点では多くの米原留置ゴハチは鷹取工場に廃車回送済みでEF58は他区から持ってこない限り36号機しかいなかったはず・・・。
この撮影会は5月の参加者に米原機関区からDM形式で案内が送られたそうです。でも、いくら検索しても、その撮影会の画像はヒットしません。どなたかご存じでしたら教えて下さい。
 
 
 
当時、米原機関区に休車留置されていたのは米原機関区育ちの36・74・96号機と宮原区のブタ鼻で不人気カマの138号機の4両です。1984年8月はこの4両を使用し、74号機をお召し仕様にしました。1985年5月は東京機関から61号機が駆けつけ、74号機のお召し装備を61号機に取り付け、5両のゴハチ撮影会となったわけです。
 
 
85年5月の撮影会の方が多くの方のブログでヒットしますので、あえて84年8月の撮影会から紹介します。
(ながぁ~い前置きですこと・・・
 
 

この撮影会はファン心理をよく研究されていて、時間を区切ったロープ規制を導入しました。最近では珍しくないロープ規制ですが、この時は初めてだったかも?
これにより4機並びが撮りたい人と、カマのアップを撮りたい人がもめる事が減ったはずです。
左から「つばめ」36号機、「お召し」74号機、「旧かもめ」96号機、「旧さくら」138号機。
 
 
 

米原の人気ガマ36号機とお召し装備の74号機の並び。
 
 
 
 
 
 

別の角度から・・・。74号機はお召仕様の区名札とお召札が入っています。
ちなみにこのお召し装備は61号機のものとは違うそうで・・・。これは菊の御紋章・61号機は動輪(国鉄)の紋章だそうです??
 
 
 
 

では74号機と36号機の反対側並びを・・・と思ったら、なぜか撮ってない????
仕方ないので反対側の4機並びを・・・。36号機は「日本海」、74号機は「つるぎ」と実際牽引した列車のマークでした。
 
 
 
 

96号機は原型小窓で米原では人気のカマでした。一方138号機は昔は人気あったカマでしたが、ブタ鼻に改造されてから一気に不人気ガマになってしまいました。ロープ規制中に望遠で撮影。
 
 
 
 

138号機と96号機の反対側。「彗星」138号機と「あかつき」96号機でした。
 
 
 
最後におまけ。

ファンの方が多い36号機の形式風写真を大きいサイズで・・・。
 
 
 
次回はこの撮影会のゴハチ以外を・・・。

コメント

ゴハチ信者

No title
74号機のお召装備は米原機関区流のものなので、ロクイチのとは異なっていたのです。

おざよう

No title
ゴハチ信者さん、来訪&コメントありがとうございます。
米原区のお召し装備は東京のそれとは違っていたってのは何かの雑誌記事でも見ました。
もっとも、この写真を撮った頃は意識してなかったですけどね(;゜ロ゜)
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ