1985年米原機関区撮影会(3)

続編行きます。最終回です。
最終回はEF58以外の展示車両を・・・。
 

当時、稲沢機関区に所属していたEF65-1010「サロンカーなにわ」のマークを付けて参加。前年はEF65-523が「なにわ」のマークを付けていたが・・・??何やら違う。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前年EF65-523が付けていたものと明らかに違います。妙に立体的だし・・・。何種類かあるのでしょうか?
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、EF65-1010の反対側には「北国」のマーク???「北国」なんて列車知らないよ!
ん~~~~、夜行急行「きたぐに(現:583系)」のことか!!こんなマーク実際付けた事あるのでしょうか?
 
 
 
 
 
 
 

一応展示機だったEF60-109。機関車の性格上、マークの取り付けもなく至って地味。ほとんど注目されてなかったような・・・。でも、この年からEF60は大幅に淘汰が始まったのです。私が持っている交友社刊の「国鉄車両配置表」でチェックすると、1985年版ではEF60はEF61-200に改造されたカマを除き大半が生き残っており126両在籍して、109号機は名古屋機関区(実質:稲沢?)配置になっています。でも、翌年の1986年版を見るとEF60は73両にまで激減。109号機も廃車済でした。何事も記録が肝心?なのかな。
 
 
 
 
 

結構キレイだったEF81-1。マークは「第221列車 米原~富山 さようなら客車 60.3.9」と書かれています。
北陸線の旧客列車のさよなら運転に使われたマークなのでしょうか?
 
 
 
 

DE15ラッセル車キ552の新旧対抗展示?でもね・・・当時あまり関心がなかったらしく、同じような写真2枚しか撮ってないんです(泣)。キ552の形式写真も撮っていない・・・。今なら細部を撮りまくりだろうに・・・。しかも、キ552の後ろにはEF65?が連結されていますが、その写真もない・・・。
 
 
 

こんなかんじで展示されていました。EF60-109を背にして撮ってるはずです。
 
 
1985年4月28日撮影。
この撮影会の後、EF58は5月13日に74号機、6月3日に96号機、7月8日に138号機がそれぞれ鷹取工場に廃車回送されてしまい、このような展示会は不可能になってしまいました・・・。
 
 
最後におまけ。

米原展示会の主役を務めたEF58-61は1985年4月30日に自力で帰区しました。お召を牽引して約50日が経過した姿ですが、こうして見ると先台車が塗装ではなく、磨き出されて表面にグリスが塗られているのがよく判ります。
西小坂井~豊橋。
 
 
 
 

コメント

リコー

No title
この時の撮影会は参加していますが……
ラッセルが展示してあった記憶がないです。(汗
撮影したフィルムにも1コマも写ってないです。
他サイトでもラッセル展示の画像見てますが、
てっきり違う撮影会と思っていました。
北国マークは、この年の春改正まで
客車だった「きたぐに」の上り最終列車の
米原~大阪間に取り付けられたかと……?
私のフィルムには機関車留置群の中に、
EF65111号機が写ってましたよ。
留置の旧客の車内で休憩したような記憶も……
とにかく撮影会色々行きましたが、私の中ではNo1撮影会です。

nagara2033556kinka

No title
全てのマークに記憶があります…1010と81の写真がどこへやら?81は今思い出しました。109はステーが無いのでマークも無し?
ラッセルと109はupしてありますので是非ご覧下さい。
ゴハチのupは温存しています…。

当時返却回送がいつ行われるかなど知る由もなし…今なら調べまくりますが。

おざよう

No title
リコーさん、コメントありがとうございます。
キ552とDE15の並びなのに何故か2枚(ほぼ同じアングル)しか撮ってないのは謎です。やっぱあまり関心がなかったのかな~??
「北国」マークが取り付けられたっていうのは、言われてみれば何かの記事で読んだ記憶があります。上り最終列車でしたか!検索しても画像はヒットしませんでした・・・。

おざよう

No title
つぼさん、コメントありがとうございます。
つぼさんのブログはたくさんページがあるので、キ552とかEF60-109の画像は(結構苦労しましたが)なんとか拝見出来ました。
当時は今みたいに「情報管理」にうるさくなく、さすがに豊橋駅は冷たくされたものの、飯田線の(当時は有人だった)船町駅や下地駅ではフツーに局報を見せてもらえ、結構回送列車の情報は把握出来ていました。メールがない時代、鉄研の壁に張り紙したり、友人には電話したりして情報を共有していました・・・。

nokonoko124

No title
はじめまして
以前書かれた記事ですが、偶然見つけまして懐かしく拝見しました。
ロクイチが来るとは知らず、会場へ入ってびっくりしたのを憶えています。
なにしるゴハチに夢中で、他のカマはモノクロで1コマずつくらいしか撮らなかつたのが、今になって悔やまれます。
このような撮影会、この時期は関西でも頻繁にあり、有り難みも薄れてきたころだったでしょうか…でも、このあとはこれほどの撮影会はもうなかったように思います。
PF1010の北国、PCから583へ置き換わる直前の60.3頃に連日実際に付けられていました。
いまネガシートを見ると、1104号機がこのマークをつけて大阪駅に入るネガが残っていました。これも懐かしいです。
また他のページも拝見させていただきます。

おざよう

No title
>>nokonoko124さん
来訪&コメントありがとうございます。
確かにJR移行間近なこの時期各地で機関区公開をやっていました。不思議なモノで頻繁に公開があると足も鈍くなるんですよねぇ~。
でも、この米原区公開はピカイチでした。ファンの事を考えた展示方法・ロープ時間規制の導入、何より機関車がキレイだったこと・・・。これほどのイベントは二度と無理でしょうね。
「北国」マークは最終列車だけじゃなかったのですか!見たかったな・・・。
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ