名鉄三河山線2003年秋

最近ちょっと寒くなってきました。岐阜金華山の木々も色づいてきました。
 
というわけで、紅葉鉄道の過去ネタ行きます!
 
 
2004年3月で名鉄三河線の山線と海線の終端部分の廃止が発表されていました。名鉄がリストラを進めていた頃で、谷汲線など600V区間の一部廃止はあったものの、レールバスを投入するなどテコ入れも計ってきた同区間の廃止はその後の廃止・廃駅続出の先駆けになったのかもしれません。
 
三河線山線区間終端部(猿投~西中金)は山深い区間で紅葉も有名なところです。
 
ここの列車と紅葉を絡めて撮れるのは2003年秋が最後!
岐阜からは結構遠いのですが、何度か足を運びました。
 
最初に訪れたのは2003年11月14日。紅葉にはもちろん早く、列車の記録がメインでした。しかし、1時間1本のこの区間を鉄道利用で撮影するのは極めて効率が悪かったです。結局枝下駅の駅撮りと枝下~三河広瀬の鉄橋で数カット撮って終わりでした。
 
 

枝下駅進入のキハ30。ごく普通の写真です。
 
 
鉄橋に向かう道の途中にこんな懐かしい踏切を発見。

いわゆる「鐘打式踏切」で音が「カン カン カン」と鳴り響き、踏切が上がる時の「カン カン カン・・・」
と消え去っていく音が印象的な踏切でした。この頃は各地に残っていましたが、岐阜600V区間廃止の頃から消えたような気がします。
 
 
2回目は2003年11月27日に訪問。この日は「紅葉狙い」でしたから、三河広瀬駅へ直行!しかし、紅葉にはちょっと早く、色づきはイマイチ。天気も曇時々雨。
しかも、当時三河線は素人ファンが増え始め、危険行為が目立ち、現場はイライラを募らせ始めた頃です。私も三河広瀬駅近くの踏切で撮影し、駅に戻るさい、撮影列車の運転士が駅に列車を止めて、走って飛んできて
「どんな場所で撮ってるんや!危ないやろ!!」
と罵倒されました。薄暗い場所だったのは確かですが、そんな危険な場所で撮っていたわけではありません。
こういった状況からかなり現場がイライラしていたのが伺えます。こういたゴタゴタは廃止の3月に向けどんどんエスカレートしていき、結局このゴタゴタが尾を引き、岐阜600V区間全廃時に「何もイベントしない」という後味の悪い結果を招いたわけですね
 
天候も悪く、罵倒された事からテンションも下がり、ろくな写真もなく終わりました。凹んでいる時、三河広瀬駅近くに住んでいた家ネコが人なつっこく近寄ってきて癒やされました

もう一匹いたのですが、写真はイヤ!と逃げられました(^_^;
 
 
 
そしてラストチャンス、2003年12月2日
この日は撮影効率を優先して車で行きました。基本的に自動車鉄はしないのですが、鉄道利用では効率が悪すぎるのでね・・・。
 
この日は晴れました。紅葉の色づきはイマイチでしたが、ギリギリ間にあったかんじ。
 

撮影ガイドに出ていた場所。こんな場所は車利用でないと行けませんね。ちょっと紅葉の色がね~。
三河御船~枝下
 
 
そして、定番三河広瀬駅へ。
赤色と黄色の木々は見事でしたが、色がイマイチ・・・。う~んと考え、ふと気がつきました。そう!PLフィルターを使ったら改善されるのでは?試しにはめてみました。円偏光フィルターは持ってないので、AFが誤作動するリスクはありますが、試してみる価値有り。結果は・・・。
 

正解でした。肉眼ではこんな風に見えませんでしたから・・・。
 
 
反対側でも撮影。

これもPLフィルターマジックです(^◇^;)。
 
 
 
 
そして、最後はメインイベント、枝下~三河広瀬の鉄橋です。
10月に行ったさいはズームの35mmしかなくイマイチだったので、今回は普段使わない28mmを持参。PLフィルターも使いました。空き地に駐車して、ゴテゴテの岩場を降り、河原から撮影します。
 

ちょっと風がふいて、水鏡は実現しませんでした。この写真スキャンも難しかった・・・。
 
もう廃止になって7年経過していますが、どうなったのでしょう?三河広瀬駅は近所の集会場?で保存されているそうですが、この長い鉄橋は撤去されたんでしょうか?2005年廃止の揖斐線・美濃町線でも鉄橋は既に撤去されていますから、もうないのかな??
 
 
今日はこんなところで。

コメント

nagara2033556kinka

No title
列車と紅葉がすばらいです。
線路のすぐ横が紅葉している場所は意外とありそうでありません。
PLフィルター…どっか行ってしまったなぁ、探してみますか。

いっしょう

No title
懐かしいです~☆
紅葉が綺麗です~!!
私もオフ会で水鏡にチャレンジしてきました~
車がないと行けない場所もありましたね^^

おざよう

No title
つぼさん、コメントありがとうございます。
確かに線路のすぐそばの紅葉って意外とないですね~。遠景ならありますが・・・。
円偏光フィルターも欲しいのですが、最近デジ化の流れから高倍率ズームレンズが常用になり、内径が大きいからフィルターも高いんですよね~。困ったもんで・・・。

おざよう

No title
いっしょうさん、コメントありがとうございます。
この鉄橋の水鏡は成功しましたか?私は2戦2敗でした(泣)。
車利用の最終回はとても効率良く撮影出来ました。

ひで

No title
こういう撮影にも出かけられていたんですね。

私は三河線の存在はほとんど意識せずに終わってしまい、廃止の際にその存在を知ったようなありさまでした。

最近もそうですが、廃止間際のお祭り状態はちょっと異常すぎますね。鉄道ブームとか聞きますが、その一言だけでは片づけられない要素も入ってきているような気がします。

namazu850

No title
懐かしいですね~~~

紅葉とキハ30のバランスがとても良いですね。。。

おざよう

No title
ひでさんは人口の多い首都圏在住ですから、余計に廃止騒動は身近に感じるでしょうね。205系さよなら運転はすごかったとか?!

ある意味「鉄道趣味がメジャー化」してる証拠なんですが、最近、鉄道イベント(特に廃止・廃線モノ)はマスコミに大きく取り上げられます。そうすると「にわかファン」が増える→そうすると何がしかのトラブルが起きる(特に関西&JRW)→そのトラブルを取材してマスコミがバッシング記事を報道する・・・っていう悪循環が続いている気がします。

鉄道趣味がメジャー化することは嬉しいのですが、こういった流れはね・・・。

おざよう

No title
namazu850さん、コメントありがとうございます。

三河線の終端部はこの廃止間際まで乗車経験はありませんでした。
不思議なことに、廃止間際はあまり撮りに行ってないんです~。あれ?でも行った記憶がある・・・。なんで写真がない????

三河海線の廃止区間は結局行かずじまいでした(^^;;

あきがみ~ん

No title
この頃のことは全く知りませんが、何か名鉄じゃあないみたいですね。何処かの第三セクターの鉄道みたいですね。
紅葉は綺麗だし今生き残っていれば多くの人で賑わったでしょうね・・・。

さわやかウォーカー

No title
家から車で40分程で行ける距離なので、ドライブがてらよく行ってました。
この記事を見て自分の手持ち画像を探してたら、ちょうど8年前の今日に行っていました。
この時は西中金から枝下まで歩いて撮ってました。

おざよう

No title
あきがみ~んさん、コメントありがとうございます。
確かに名鉄らしくないですね(^^;;

ローカル線合理化ってことで、架線があるのにレールバスを走らせたわけですが、根本的な問題『人件費』は名鉄本社の給与体系・・・。無理に決まってますよね~。樽見鉄道の運転士さんの「何でもやります」を見てるとかなり大変そう(例:レールバスを構内入換するさいも運転しながらポイント切り替えは運転席から降りて自分でやってる・・・)ですが、それでも存続危機なんですから・・・。

西中金から先の未成線がもし完成していたら、秋の香嵐渓のすさまじい渋滞はなかったかもしれませんね。

おざよう

No title
さわやかウォーカーさん、コメントありがとうございます。
え?西中金から枝下まで歩いたんですか??
まさに「一人名鉄ハイキング」ですね(^^;;;

何年か前の「名鉄ハイキング」のコースに「名鉄の廃止路線跡を歩く(岐阜近郊だったかな?)」ってのがありました。自分で線路はがしておいて、その企画はないだろ!って当時思いました。

TOBBY

No title
こんばんは。
フィルター効果がすごいですね!
こうしたことも写真の醍醐味だと感じます。

私も山を写したい時などに使っています。
円偏向フィルターを持っています。
PLフィルターと同じかと思ったら、違うのですね。
知りませんでした(苦笑)

おざよう

No title
TOBBYさん、コメントありがとうございます。
円偏光フィルターも偏光フィルターも効果は全く同じです。ただ、通常の偏光フィルターですと、AFカメラの測距や測光に影響を及ぼすことがあるので、直線偏光を円偏光に変換する(書いていて意味が判ってません)特殊な素材を貼り付けたのが円偏光フィルターです。

偏光フィルターは望遠レンズ使用時に特に効果を発揮しますね。この記事をきっかけにNikonの67mm円偏光フィルターを買おうかな~と思って価格を調べると12,000円over・・・。とても買えません。

TOBBY

No title
こんばんは。
フィルター効果の度合いを変化させることができるのが円偏向フィルターでしょうか?(まだ、調べていません。すみません)

高いなと思いましたが、純正の77mmを持っています。
28-300mmも77mmだったので供用できました。

空や海をより青く…ということもできるのですが、フィルターを使うことによって失うことも大きいなと思ったりもします。
デジタルでは、PCソフトでいろいろできますし…。

失うものよりも得るものが大きい場面が少なくなった、
そんな気もします。
おざようさんの撮影されたシーンのように、
正面ハイビームの撮影となると対角の位置辺りに、ゴーストが現れることがあります。このこともあって、使用頻度が少なくなっています。

おざよう

No title
TOBBYさん、毎度です。

フィルター効果を変化させられるのは円偏光も偏光も(へんこうのこうは光でっせ)同じです。
ですから、使用感は円偏光も偏光もほとんど同じじゃないでしょうか?

この写真はフィルム時代ですから、偏光フィルターは重宝していましたが、確かにデジカメ時代はパソコンで修正できますね~。

ゴーストはフィルターから発生することもありますが、デジカメは発生が多く、銀塩カメラがデジカメより優れた点のひとつです。


子供の誕生日・・・いつもろうそくの光だけでノンストロボで写真を撮るのですが、デジにしてから凄まじいゴーストが発生します。
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ