広島遠征2(EF58-36保存車)

※ファン限定記事と内容が被りますが、ご容赦下さい。
 
今回、EF67とともに撮影したかったのが「広島市郊外にあるEF58-36の2/3保存車」です。
 
結構前の雑誌記事で知りましたし、ネットの保存車ページにも時々登場します。ただ。5~10年以上前撮影の記事が多く、現況がどうなっているのかが心配でした。最近、各地で保存車両が解体されるケースが続いていますし。
 
 
 
ご存じの方も多いでしょうが、EF58-36は箱形で登場したEF58が半流線形車体に設計変更される過程で35号機とともに発生した変形機で、側面の窓が多い(箱形車体と同じ窓数)のが特徴でした。
 
 
EF58の保存機は各地にありまして、非公開の61号機(御料車庫・車籍あり)・150号機(宮原区)の他に鉄道博物館の89号機、大宮のイベントで登場する青大将色93号機、リニア鉄道館の157号機、碓氷峠鉄道文化村の172号機がある他にカットモデルは広島車両所の113号機、前頭部のみの144号機×2、154号機があり(44号機も?)、あとはこの36号機です。36号機は車体が2/3くらいある珍しい形態のカットモデルです。
一方でJR東海の122号機、大宮にあった125号機のように解体されてしまったゴハチもいます。
 
 
この36号機は広島市郊外の民家の玄関先に保存されています。ただ、保存されて30年近く野ざらしで、かなり痛んできています。(2012-12-19撮影)
 

以前は黄色・黒色ははっきり見えた踏切警報機も無残な状態で・・・。民家に続く坂道脇にすっぽりはまる形で36号機は現存していました!
 
 
 

奥には鉄道模型店だった事を思わせる色褪せた看板があり、その関係で保存されたのでしょうか?
 
 
 

背部はこんなかんじです。桜の木の下、屋根上も結構面影が残っています。
 
 
 

室内は最初から機器が撤去されていたようですが、荒廃しています。
 
ネットの保存機記事を見ると、運転台は結構良好な状態のようです。運転台の撮影許可が欲しかったのですが、周りに人影がなかったので諦めました。
 
 

「取外シ中」は何を意味するのでしょうか?日付は側面ナンバーの取り外し日のようですが・・・。
 
 
 

こんな民家の軒先でも線路上に保存されています。台車は結構状態が良くて驚きでした。
 
 
 

36号機はP型改造されていますので、元ダメ管のホースが2本装備されています。それもそのままでした。
 
 
 

さびさびですが、思ったよりはいい状態です。
 
 
 
現在、個人所有なのかどうか判りませんが、30年近く野天にあったわりには状態はいい方です。部品盗難もないようですし、落書き等もされていません。ただ、車体の老朽化は確実に進行しています。まだ間に合うでしょうから、何とかしたいものです・・・。
 
次回、この隣にあるクモハ73383のカットモデルをアップします。残念な状態でしたが・・・。
 
 
なお、この保存機は個人所有の可能性が高いので、団体で押しかけるような事がないようにお願いします。また、この保存場所は広島市郊外ですが、周りは急な坂道で道幅も狭い一方路線バスも通っています。路上駐車する場所は近くにありません。車で訪問するのは避けた方がいいかと思われます。
 
 
鉄道コムへ。左の文字をクリックしてからお帰りを!!励ましのクリックをお願いします。
順位降下中・・・。支援願います(~_~;)
 
 

コメント

D51146

No title
こんにちは-2。

最後のカット・・・・
36号機が泣いている(涙)
SLにしてもそうですが、屋根があるのとないのでは
えらい違いなんでしょうね。

鉄道員

No title
5年ほど前に訪問しましたが、かなり悪化していますね。

ちなみに後付けのコックは釣り合い(EQ)ではなく元空気(MR)では?

azumashigechiyo120

No title
こんにちわ。
錆びてもカッコいい。ピカビカの現役機関車の写真よりずっといいです。
下回りは鉄皮が厚いだろうから磨けば まだまだ博物館展示用として再生可能でしょう。
こんな状態になっても諦めたり見放したりせず みんなが価値を認めて一日でも長く存在して欲しいと思います。
誰も撮影しなかったカット面の写真。ナイスショットです。

おざよう

No title
>>D51146さん
やっぱり屋根の有無は大きいでしょうね・・・。

おざよう

No title
>>鉄道員さん
5年でやはり違いますか・・・。
元ダメ管のミスタイプです(^^;;
修正しました。

おざよう

No title
>>azumashigechiyo120さん
そうですね。まだ大丈夫かな~と思っています。
ただ、このまま放置しておいては・・・と思っています。
カット側はカットした面に補強の鉄板を広島工場?で装備したものと思われます。
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ