長良川鉄道トロッコ列車(転回編)

このシリーズも最終回です。
 
上り試運転列車は関駅に到着。
NTB209は一旦給油に向かい、その後客車を転線しました。
 
 
その後が驚きでした。
出発するのかと思いきや、再びNTB209は単機で関駅構内の中途半端な場所に移動して停車。
 
「あれ~何するんだろ?あんな場所で~??」
 
と思い見ていると、エンジンをふかす音が・・・。
 

えぇ~!機関車が浮かんだ!・・・ってかんじでした。
そうなんです。車輪間にジャッキがあり、それで機関車を浮かし方向転換したのです(拡大出来ます)。
 
 
もっと判りやすい写真(拡大して見て下さい)。

ジャッキアップされているのが、よく判ると思います。
 
DE15のラッセルヘッド(単線型のみ?)にこういった機能が付いているのは知っていましたが、モーターカーにもこういった機能があるのは知らなかったです。それが目の前で見られたから、ちょっと驚き
 
 
今なら、たぶん連写して撮りまくりでしょう・・・。でも当時はフィルム時代・・・。そんな事出来ません~!
だから、このカットの次に写っていていいはずの、反対側エンドの写真は無いんです~
 
 
ちなみに次のカットはこれです。

組成完了後の写真でした・・・。
 
このNTB209はDE10などと一緒の横向きキャブで、どちら向きにも運転可能ですが、写真でも判るようにこちら側エンドにはジャンパ栓がありません。そうなると、客車へのサービス電源等が接続出来ないので方向転換したものと思われます。
 
 
 
 
 
 
 
このトロッコ列車は長良川沿いを走る事もあって結構人気がありました。特に夏休みなどは満席もあったそうです。
しかし、2003年7月21日福野~美濃苅安 間で脱線事故を起こしてしまいました。
(詳しくはコチラ【PDFファイル】を・・・)
 
簡単に言えば、線路管理に問題があり、横圧で軌道拡大して機関車が脱線した事故で、ケガ人等はいませんでした。
 
しかし、線路状態の指摘はもちろん乗客を乗せたままジャッキアップして復線した点と避難誘導や運行指令への連絡不足、などを指摘されました。
 
線路等は改善されたのですが、この事故がきっかけでトロッコ編成は運休に追い込まれ、そのまま廃車になってしまいました。
 
 
~~~ シリーズ 完 ~~~
 

コメント

nagara2033556kinka

No title
回転の様子がよくわかります…が、作業中にコテッと倒れそうなくらいにジャッキが小さいですね。

おざよう

No title
つぼさん、コメントありがとうございます。

まあ、さすがにコテッとは倒れないと思いますが(笑)。
モーターカーにはフツーに装備されてるらしいですね。

いっしょう

No title
これは貴重な写真ですね!
回転がよくわかります!
このトロッコ列車ですが毎年いつでも撮影出来ると思っていましたが…
当時、新聞記事を見て驚きました!
本当にケガ人が出なくてよかったと思いました~。

おざよう

No title
いっしょうさん、毎度です。

私も結局本運転は一回も撮らなくて終わってしまいました。

記事を書いていて素朴な疑問を感じました。
事故原因は軌道の整備不良だったのですが、原因に全く関係ないトロッコ編成が廃車に追い込まれたのは何ででしょうね?2003年頃だと乗客も減ってたのかな??

あきがみ~ん

No title
そのうち自分で歩き出すものが出るかも・・・・訳無いか・・・。

普通についている機能なんですかね・・凄い。

それにしても昔はこんなトロッコ列車があったんですね、今も生き残っていれば活躍しただろうに。

おざよう

No title
あきがみ~んさん、毎度です。

ジャッキアップ機能そのものも目で見ると驚きますが、脱線事故を起こしたさいに、ジャッキアップして復線したってのもスゴイ話ですよね~。普通の車両では考えられないだけに・・・。

ひで

No title
名称変更しました。これまで失礼しました。

脱線事故を起こして運休、廃止とは・・初めて知りました。
味のある列車がなくなるのは残念ですね。一度乗ってみたかったです。

おざよう

No title
ひでさん、毎度です。お手数おかけしました。

トロッコ列車って、あちこちで見たわりに一度も乗ったことがないですね。旧国鉄⇒JR東海に継承された旧トラ90000?のトロッコ(初代)も乗ってみたかったです~。何せ単軸貨車ですから・・・。

通りすがり

No title
事故調のPDFはこちらに変わっているようです。
ttp://www.mlit.go.jp/jtsb/railway/rep-acci/RA2004-3-2.pdf

おざよう

No title
> 通りすがりさん
ご指摘ありがとうございます。修正しました。
非公開コメント

プロフィール

おざよう

ものごころついた頃から、今で言う「鉄子」だった母親に洗脳され鉄道三昧。
高校生からは友人の影響で航空自衛隊を中心とした飛行機撮影にも手を出す。

昭和58年~62年春までは愛知大学在学のため豊橋に住んでいました。愛大鉄道研究会に所属していましたが、鉄研とは関係なく全国各地を撮影して回りましたから、国鉄末期のこの頃の在庫は特に多いです。

さすがに結婚して子供が出来ると遠出がなかなか出来なくなり「ネタ」は地元ネタのみになりつつあります。

最近では子供も大きくなり、自由時間が増えてきました。
体力と懐具合と相談のうえ、あちこち出かけています。
この年で岐阜から千歳まで日帰りしたことも・・・(^0^;)

月別アーカイブ